About

活動内容を紹介します。

非日常体験

「鳥のように空を飛ぶ」―人類の永遠の夢を最も手軽に叶えられる手段のひとつがパラグライダーです。地面を遥か下に見下ろし全身に風を感じながら自らの操縦で空を飛ぶという非日常体験は多くの人をこの世界に引き込みました。現代において空を飛ぶ方法の選択肢はいくつかあります。その中でも、所要期間や費用面でこれほどまでに手軽に空の自由を手に入れられる手段は存在しません。学生生活を共にする仲間達とのそんな非日常体験はより一層貴重なものになります。外部のスクールに所属して取り組むという特性上、元々学内の活動ではないため卒業後も変わらずパラグライダーを続ける卒業生も多いです。

雲にふれる

パラグライダーは「下へ降りるもの」というイメージがあるかもしれません。しかし、実はその醍醐味は上昇気流を捉え高度を上げる「ソアリング」にあります。普段わたしたちが目にしている雲は、太陽の熱により地面から発生する上昇気流の成れの果てです。山から飛び立ったパラグライダーは上昇気流に乗ることで離陸した山よりも遥か高く雲の高さまで到達することができます。それは時に地表から2000m以上もの高さになり、巨大な雲を目の前に生身でその場に浮かんでいる体験は飛行機では得られないパラグライダーならではのものです。 

空の旅

滑空機であるパラグライダーは紙飛行機のように高度を下げながら前方へ「滑空」します。即ち、その高度が高ければ高いほど遠くへ飛んで行けるということです。上記のソアリングで高度を稼ぎ前進する、という動きを繰り返すことで数キロから数十キロ、果ては数百キロもの距離をエンジン無しで移動することができます。「クロスカントリー」と呼ばれるこの楽しみ方はパラグライダーの奥義であり、それまで身に着けた知識と技術をフルに活用することで遠く長く飛ぶことができます。飛行予定時間は、”気象条件と腕前次第”です。

空からの眺め

朝日が昇って夕日が沈むという毎日の光景も、地表数百mからは一味違ったものになります。季節に関しても、夏の青空から秋は紅葉、さらに冬は雪景色の中を飛ぶことができます。同じ空は二度とありません。それらの絶景を肌で感じその目に焼き付けることができます。

 

 

合宿・大会

パラグライダーが楽しめるスポットは全国に存在し、一年を通して様々な場所での合宿や大会に遠征します。北は青森、南は鳥取まで足を伸ばし、それらの行事では他の大学のパラグライダー部とも積極的に交流し親睦を深めています。海外にもパラグライダーのエリアは多数存在し、近場では台湾ツアーなどに参加しています。

写真:富士山近辺エリア

飛べない日は

アウトドアスポーツである特性上、気象条件により飛べない日もあります。そのような日は「グラハン」(グラウンドハンドリング)と呼ばれる地上操作練習を行います。

球技の練習が試合形式だけではないようにパラグライダーで飛ばずに行える操作練習がグラハンです。離陸手順や手の操作、体重の掛け方の練習を繰り返し行うことで空中でより的確な操作が出来るようになります。パラグライダーの腕前はこのグラハンの練習量・技量に比例すると言っても過言ではなく、飛びはもちろんのことグラハンが病み付きになることも珍しくありません。また、フライトに必要な知識を学ぶ学科講習も行われます。

 

 

パラグライダーの仲間

パラグライダーと聞いて左の写真ような乗り物を想像した人もいるかもしれません。写真の乗り物は「ハンググライダー」と呼ばれ、パラグライダーと同じ滑空機の一種です。

こちらは飛行機のそれに近い翼の形をしており、内部に金属の骨組みが入っているのが特徴です。YUPCはパラグライダー専門なので残念ながらハンググライダーに触れることはできませんが、活動場所である十分一山ではハンググライダーも一緒に飛んでいます。ちなみに、間違えられがちですが正式名称はハンググライダーなのでこの機会に是非覚えてください。

 

 

豊富な行事

花見やBBQ、海水浴、山形名物の芋煮会などパラグライダー以外の行事も多く催されています。これらの行事専門の部員も多数在籍しており、年中退屈することはありません。

卒業生との繋がりが強いのもYUPCの特徴です結婚式には団体で乗り込みます。